子どもとお出かけ

屋内プールのガトーキングダム札幌へ冬期の夜に子連れで行ってきた|北海道子連れで遊ぼう企画

久々にいってきましたガトーキングダム。

今回は、2月の寒い冬の季節、それも夜の時間帯での子連れ利用になります。

冬にプール?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、ガトーキングダムは温泉施設も併設しているので冬でも存分に楽しむことができるのです。

ガトーキングダムは、娘が大好きな施設です。今回も、前日に行くことを告げると、喜ぶあまりテンションが上がりすぎて、ちょっとおかしくなっちゃってました。

今回は、そんな冬のガトーキングダムの夜の様子についてお話ししたいと思います。

夏の昼間の訪問はこちら↓

https://liralog.net/176 label="" name="" bgcolor="" color="" readmore="on"]

 

ガトーキングダムには1日コースと夕方コースがあるって知ってた?

ガトーキングダムは、オープンからクローズまで制限なく遊べる1日コースと、夕方16時以降に入場することで適用される夕方コースの2種類のコースがあるんです。

このコースにはさらに、温泉のみの利用とプールと温泉療法が利用できるコースとで別れています。利用開始時間は異なりますが、1日コースでも夕方コースでも利用できる内容や施設は同じです。

 

ちなみに、16時入館の夕方コースの場合、プールは22時まで利用可能で温泉は24時まで入浴できます。

うちの旦那あたりは、地元ということもあり、独身時代仕事が終わってから友達と夜にプールや温泉に来ることもよくあったらしいですよ。

 

ガトーキングダムのプール&温泉の利用料金は冬期の夜が最も安い

ガトーキングダムのプール利用は、繁盛期の夏よりも冬の期間の方が利用料金が安くなっています。

これは単に閑散期だからという理由からではなく、冬の期間は屋外プールが閉鎖されて利用できるエリアが制限されることとも関係しているのです。

さらに、夕方コースは、1日コースよりも安く利用が可能なんです。

 

冬の期間の利用料金は以下の通りです。

1日コース 夕方コース
大人 1600円 1300円
シルバー 1500円 1200円
小中学生 1000円 800円
4歳~未就学 300円 300円
3歳以下 無料 無料

 

ちなみに、7月8月の夏期営業時の料金は大人1日コースで1900円、夕方コースで1600円ですので、それ以外の期間はそれぞれ300円ほど安くなりますね。

プール料金としてみるとやや高い施設料金位感じられるかもしれませんが、プールと温泉のセット料金ですので、そういう意味ではお得だと思います。

ちなみに、コンビニチケットなどの前売りを利用すれば、上記料金からさらに50円ほどディスカウントされた料金で利用することも可能です。

 

夏の1日コースの利用料が1900円なのに対し、冬の夕方コースは1300ということで600円もの差が出てくるんですね。

これは、結構お得にかんじられますね。

 

冬期の夕方コースの混雑具合はどう?

札幌市には小さな子どもを連れていけるプール施設などが少ないこともあって、ガトーキングダムは、夏の期間はかなり混雑する施設です。

冬は雪があるため、遊びに出られる場所も限られているなか、こうした屋内施設は道民にとってもありがたい場所になります。

 

いくら真冬の閑散期とはいっても、それなりに混んでいるんだろうなと予想して出かけました。16時半頃つくと、ガトキンの駐車場にはびっりしと車が泊まっていたので、結構混んでるんだね…なんて夫と話をしながら入館しました。

が、実際プールのほうへ行ってみると、思っていたよりもお客さんがいない状態で、広々。

どうやら、駐車場に止めてあった車の多くは、宿泊客または温泉のみの利用客のものだったようです。(ガトキンはお風呂も良くて人気です)

 

今回、利用したのは2月19日、日曜の夕方16時半頃からです。

子連れもかなり来ており、18時を過ぎても結構なファミリー連れが来ていました。

夕方を過ぎての利用だったので、きっとカップルの利用が多いんだろうなと思っていたのですが、以外にも割合的には子連れが多くてちょっとびっくり。

というか、ほとんど子連れだったかもしれません。まだお座りができないくらいの乳児さんや、1歳くらいのお子さんを連れている方もいましたね。

うちと同じように料金的なメリットを考えて、夕方以降に入館した家族も多かったのかもしれません。

プール施設全体に、適度に利用客が分散している感じで、どのスペースも広々でした。

 

ただし屋内プールであっても意外と寒いので注意が必要

ガトーキングダムは、屋内施設の温水プールです。しかし、完全に密閉されているような施設ではなく、あちこちから外気が入ってくるような状態になっているため、意外と寒いと感じました。

できれば大人はラッシュガードなどを利用するほか、さむい時に羽織れるようにバスタオルもプール施設まで持ってきておくとよいですね。

軽食コーナーのあたりは外気温が伝わりやすく、かなり寒いです。軽く何か食べたくても寒くて無理!ということもあると思うので、そういう意味でも羽織るものがあったほうが安心ですね。

 

また、キッズプールや幼児プールのほうは、スライダー(ワイルドリバー)など外気が伝わりやすいアトラクションが近くにあるせいかか、室温も心なしか寒く水温も低く感じられました。

一応、キッズプールのすぐ近くにサウナがあるので暖をとることはできるのですが、小さなお子様にサウナは厳しいので、寒がっていないか注意してあげたほうがよさそうです。(楽しすぎて寒くないっていうんですよねー)

なお、ガトキンのプールには、何か所か温度が高く設定されているジャグジープールなどもあります。温泉のように温かいので、合間合間に温まりながら楽しめば大丈夫だと思います。

空調の設定温度とかの問題もあるかとは思いますが、外気温に左右されてしまうところもあるんだと思います。ということで、屋内プール施設でもぽかぽかあったかというわけではないので、

寒いのがめっちゃ苦手!という方は、雪が降るシーズンは避けたほうが良いのかもしれませんね。

 

夜のガトーキングダムはイルミネーション装飾がきれい

夜のガトーキングダムのプールでは、昼間に来た時には見られなかったイルミネーションが楽しめるのも一つのポイントです。

夜になると、施設内も薄暗くなるため、プール内のライトアップや、壁に装飾されたイルミネーションがキラキラと輝いてとてもきれいです。

施設内の撮影ができないので、画像などをお見せすることはできないのですが、ジャンボプールのほうには橋の下をくぐるような場所があり、イルミネーションに輝くトンネルをくぐって探検するような感じになっています。

キラキラ輝く星空の下を泳いで渡っているような感覚で、すごくきれいでした。

娘も終始、あちこち指さしながらすごく感激してしましたよ。

昼間とはちょっと違った、ロマンティックな雰囲気の中、プールを楽しむのも悪くはないですよね。

 

たっぷり遊んで温泉を堪能

16時に入館すれば、2時間たっぷり遊んでも18時くらいです。

うちは、ガトキンでプールを楽しんだ後には、ゆったりと温泉に入るのが定番ですが、これくらいの時間なら子連れでも遅くなりすぎずにプールと温泉を楽しんで帰ることも可能です。

娘も、ガトキンの露天風呂が大好き。

とくに、ほかのお客さんとお話が楽しめる、露天の陶器風呂が大好きだったりするんですよね。

1日プールで楽しんだ思い出を、目をキラキラさせながらしゃべりまくってます笑

ここは、温泉の種類も豊富で、温度も最適。

温泉だけ楽しみに来たいくらいの施設なんですよね。

ただし、温泉にだけきたくても娘にはプールがある施設だと認識されてしまっているため、温泉だけというわけにはいかないんですけどね。

ちなみに、温泉だけ利用の場合には、季節を問わず大人は980円、シルバー800円、小中学生は600円、4歳から未就学児童は300円、それ以下は無料です。

温泉のみ利用の場合、夕方コースはなく21時以降入場で「夜スパコース」という料金が適用されます。

夜スパコースでは、大人700円、シルバー600円、小中学生500円、4歳から未就学児は300円、3歳以下は無料ですね。(夜スパコースは22時までプールも利用可)

 

お風呂から上がったらちょうど夕飯どき

思う存分プールで遊んで、ゆったりと1時間程度お風呂を楽しめば、もうお腹はペコペコです。時間もちょうど19時から19時半頃でしょうか。お腹がすいたら、そのまま館内着でレストランへも行けます。(もちろん私服に着替えてもOK)

レストランでは、お腹を満たすには十分のさまざまな料理が用意されています。味的には無難という感じではありますが、キッズうどんやキッズラーメンなどお子様メニューも充実しているので暗視です。

座敷も広々ですし、テーブル席もたくさんあるので、多少混雑していても座るところがないということはないでしょう。

 

滑り台やぬいぐるみ、おもちゃなどが充実したキッズスペースも広々としていますし、各席からも(一部スペースは除く)様子が見える状態になっていますので、目の届く範囲で子どもを遊ばせながらゆっくりと食事をすることも可能です。

存分に遊んでお腹も満たされれば、子どもも帰りはもうくたくたで眠る寸前でしょう(笑)

後は帰宅して歯を磨いて、そのままお布団へGO!

寝かしつけの必要がないくらい、速攻で夢の中…。ですね。

 

ガトーキングダムのアクセス情報


住所:北海道札幌市北区東茨戸132番地
TEL:011-773-3311(プール&温泉直通)

札幌新道(国道274号)が川から、石狩街道をひたすらまっすぐいくと、右手に見えてきます。

直行シャトルバスについて

札幌駅北口より無料シャトルバス運行(団体バス乗り場で乗車。オレンジまたは白いバスです)40分~50分程度で到着です。

無料シャトルバスは、途中地下鉄麻生駅にも停車します。以前は、「北24条」と「すすきの」からでも乗れましたが、現在は札幌駅北口と地下鉄麻生駅のみの乗降りとなっています。

ちなみに帰りのガトーキングダム発、札幌駅行のバスの最終は21:00の便が最後となりますのでご注意ください。

バスの時刻表は、こちらにて確認いただけます。
ガトーキングダム・シャトルバス時刻表

 

よく、海外の方に札幌駅北口周辺で、乗り場について聞かれるので、案内動画を掲載しておきますね。

 

まとめ

家族みんなで利用すれば、それなりの金額になってしまうガトーキングダムですが、安い季節の安い時間帯に利用すれば、比較的リーズナブルに費用を抑えて利用することも可能です。

また、混雑も避けられるので、ゆったりと遊ばせることができました。

札幌市の端っこに位置しているため、遠方からだと夜間のアクセスが大変ではありますが、お車で利用が可能ならぜひとも遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

最後は、シャトレーゼでスイーツを購入して帰るのもおすすめですよ。

 

他の記事も良かったら参考にしてください。

https://liralog.net/176 ]

  • この記事を書いた人
めぐ

めぐ

生まれも育ちも札幌の、生粋のどさんこです。2015年長女、2018年長男を出産。育児がてら、記録も含めてブログを書き始めました。子どもを連れてのカフェ訪問が大好き。楽しいことはもちろん、悩んだりしていることもシェアできたらなと思います。

-子どもとお出かけ
-, , ,

Copyright© Liralog , 2021 All Rights Reserved.